勤務先連絡なしの審査|勤務先連絡なしのキャッシング

勤務先連絡なしの審査

考える男性

カードローンやクレジットカードなど各種サービスでは必ず審査があります。

 

審査では所得と借り入れについてチェックされるのですが、以前はここに勤務先のチェックが入っていました。

 

サラリーマンの場合は給料明細で審査を受けることになりますが、過去には電話連絡を直接会社にして呼び出す方式が取られてきました。

 

しかし、昨今では会社に電話をかけることで社内の評価が下がったり、いらぬ誤解を受けるということで電話連絡があるなら申し込まないという方も多いようです。

 

そこで各消費者金融や金融機関では電話連絡なしで審査を行う方法に切り替えてきています。

 

プロミスやモビットなど一部のカードローンでは、勤務先に在籍していることが確認できる書類をWEB上で提出することで、勤務先への電話連絡なしで審査が受けられます。

 

ただし、借入希望額が多い場合には電話連絡が行われる事が多いので、事前に電話確認するかを聞いておくのも手です。

 

審査では電話確認が行われない事以外にも年齢や職業のチェックも、ほとんどなくなりました。

 

そのため、これまで有利とされてきたサラリーマンですが、単純に他の職業と同様に所得と借入状況のみでの審査となったのは注意点です。

 

所得については月ごとに差がある場合には市町村が発行する所得証明書の提出を求める場合があります。

 

また転職をしたばかりの場合は、審査で不利になることが多いので事前に確認しておくとよいです。

 

ただし、契約後に転職した場合は届けを出すだけで済むことが多いですが、給料が一気に下がった場合など、総量規制と呼ばれる現金は所得の3分の1までしか貸し出せない制限に抵触するような場合には利用限度額が下がることがあるようです。