保証人不要で借りられる|勤務先連絡なしのキャッシング

保証人不要で借りられる

指さす女性

カードローンの特徴は、「使途自由」「個人向け」「無担保」「保証人なし」。

 

申込みの際、ほとんどの金融機関では担保をとらず、連帯保証人の必要がありません。

 

ということは!面倒な手続きが軽減され、人に知られることもなく申し込みができますよね。

 

でも、お金を借りるのに何故保証人が必要ないのか・・・と不安に感じておられる方のために、その事情をご説明します。

 

カードローンを提供している金融機関は、保証会社と連動しています。

 

保証会社とは、借りたお金を返せなくなったり、返済を遅延してしまった場合に、カードローン会社に代理弁済をしてくれる会社のことです。

 

保証会社が立て替え支払いをしてくれるので、カード利用者は保証会社が立て替えをした金額分を、保証会社に対して支払っていくことになります。

 

つまり、保証会社はカードローン利用者の連帯保証人で、債権回収者でもあるわけです。

 

このような理由から、個人で保証人を立てる必要がないのです。お分かりいただけましたでしょうか。

 

では、どんな保証会社があるのかというと、アコムやプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、オリックス・クレジットやオリエントコーポレーション・イオンクレジットサービスなどになります。

 

これらの保証会社は銀行系カードローンと連携していたり、自社のカードローンと連動しています。

 

保証会社が複数の銀行と連携している場合も少なくありません。

 

また保証会社の役割としては、代理弁済の他にカード会社の「審査」も担っています。

 

借金の肩代わりをするわけですから、利用者の返済能力を確認する必要があり、信用情報などの調査も行っています。

 

もし、審査に落ちた場合、同じ保証会社のカードローンを選ばないようカードローンを選ぶ際には、どこの保証会社とつながっているのかも見極めてくださいね。