銀行系カードローン|勤務先連絡なしのキャッシング

銀行系カードローン

BANK

カードローンというと、消費者金融カードローンと銀行カードローンがありますが、消費者金融と銀行カードローンでは、どのように異なっているかご存じですか?

 

選ぶ方によっては、自分に向いていない可能性もあるカードローン。

 

どちらで借りた方が自分に合っているのか知っておくと、カードローン選びをするときにとても役立ちます。

 

そこで、銀行カードローンを選ぶ場合は、どのようなメリットがあるかをご紹介いたします。

 

総量規制の対象外である

総量規制とは、「個人が貸金業者からお金を借りる場合、年収の三分の一までしか借りることが出来ない」という貸金業法で定められている法律のひとつです。

 

この法律により、消費者金融カードローンは無収入の専業主婦などには貸し出しができないようになっています。

 

ところが、銀行カードローンはこの総量規制の対象外。

 

これにより、最近では収入のない専業主婦でもカードローンを利用できることをうたっている銀行カードローンが多く存在しています。

 

総量規制の対象外であることは銀行カードローンの最大の魅力と言っても良いでしょう。

 

金利が安い

銀行カードローンは消費者金融と比べると、金利が低め設定されています。

 

消費者金融では、一般的に金利は4.5〜18.0%程ですが、銀行カードローンの金利はと言うと、3%〜15%程。

 

仮に返済時の利息で考えてみると、15%と18%では、一年間お金を借りた場合、利息は数千円も変わってきます。

 

長期的にお金を借りたい方は、金利が低い銀行カードローンを選ぶことによって、利息の出費を抑えることが出来ますよ。

 

利用限度額が大きい

銀行カードローンは総量規制の対象外になるため、自身の年収の三分の一を超える利用限度額でも借りることが可能です。

 

利用限度額を多く設定してもらうことで、金利もより低く設定されますので、より使いやすく、お得に借りることが出来ます。