在籍確認とは|勤務先連絡なしのキャッシング

在籍確認とは

電話をする女性

カードローンを申し込むと、必ず審査を受けなければならないのは皆さんご承知のことと思います。

 

その審査の一つとして「在籍確認」があるのも周知の事実ですが、この在籍確認、今では『電話』だけでなく『書類』でも実施しているところがあります。

 

これまでの在籍確認は申し込み者の職場に電話をかけることが主流でした。

 

昔は「〇〇カードの○○です」と会社名を名乗って在籍確認をしていましたが、現在は会社名を名乗らず個人名で電話がかかってきます。

 

例えば「鈴木といいますが、○○さんはいらっしゃいますか?」と金融機関が申し込み者の会社に電話を入れます。

 

「○○は現在外出中でして」「○○は今少し席を外しているようですが」

 

の回答を聞くことによって在籍しているということがわかれば、それで在籍確認はOKとなっています。

 

しかし最近では「職場への電話は避けてほしい」「人に知られたくない」という申し込み者のニーズに応えるべく、大手消費者金融などは書類で在籍確認を取るところが出てきました。

 

カードローン申込み後に提出する書類は「本人確認書類(運転免許証や各種保険証)」プラス収入証明書類(源泉徴収や給与明細など)です。

 

これを提出することで、どこの会社に勤め、一定収入を得ているか・・を見極めて、在籍確認の代わりとしているのです。

 

もちろん、これらの書類提出は郵送ではなくデータ化(写真・PDFなど)してサイトにアップするだけ。

 

手元にスマートフォンがあれば簡単に処理できますよね。更に、人に知られることなく処理を済ませることもできるので、人目も気にすることもありません。

 

如何でしょうか。電話での在籍確認、それとも書類での在籍確認。
あなたはどちらの方法が都合よいですか。

 

いずれも審査・在籍確認は必ずあります。ご自身の環境や都合を考えて選択してくださいね。